本文へ移動

近藤工務店 代表  近藤 泰司

 
 
職人歴:
19年
 
職人になったきっかけ:
兄が大工で、兄のもとで手伝わせてもらったのがきっかけ。
そのことが自分が大工になることを決意するターニングポイントだったと思う。
 
 
 
仕事をしているうえでのこだわり:
愛情を持つこと。
自分の仕事や、扱っているモノに対して愛情を持てば、出来上がりに差が出てくる。
「気持ちを込める」ということを独立してから、特に強く思うようになった。
 
思い入れのある道具:
特に「コレ」というのはない。
ただ、今使っている道具はどれも大事。
自分の想いをカタチにしてくれるものだから、丁寧に扱うようにしています。
 
職人になって嬉しかったこと:
お客様に喜んでもらえることはもちろんだけれど、
親方と親方の奥さんが、自分が一人前になったのを心から喜んでくれていた、と
独立後、人づてに聞いたときは認めてもらえたんだと嬉しかった。
 
 
アルファホームから一言:
仕事に対する向上心と愛情は人一倍で、熱い想いと誇りを持っている親方です。
取材した時も、仕事に対する真っ直ぐな想いを語ってくれました。
 
これからのアルファホームを一緒に盛り上げてくれる頼もしいパートナーさんの一人です!
TOPへ戻る