本文へ移動

木村板金加工 社長  木村 二三男

 
職人歴:
51年。
中学生くらいの時から、父が作った煙突を自転車で配達して手伝っていた。
(昔は煙突は板金屋さんが作っていたそうです!)
 
職人になったきっかけ:
小さい頃から作業場で遊んでいたし、父親の跡を継ぐことは子供の頃から当たり前のように思っていた。
 
 
 
仕事をしているうえでのこだわり:
お客様に迷惑をかけないこと。
お施主様、近隣の方、一緒に仕事をしている他の職人さんへの挨拶の徹底。
基本的なことができないと、いい仕事はできないと思っています。
 
趣味:
釣り。
70cmのタイや、75cmのヒラメを釣った時は大満足でした。
 
職人になって嬉しかったこと:
お客様は足場に登って上から見ることはほとんどないですが、
綺麗に仕上がったと喜んでもらえることが、嬉しいし励みになります。
 
息子が自分の跡を継いでくれたことは、自分も親から受け継いだものなので嬉しかった。
 
 
 
アルファホームから一言:
息子さんと二人で屋根工事をしてくれています。
なかなか間近で見る機会のない屋根ですが、いつもとても丁寧な仕事をしてくれる職人さんです。
現場や事務所で会うと、ニコッと笑顔で話しかけてくれます。
 
板金で折った鶴とカブトを見せてもらいましたが、特に鶴の精巧さは
手先の器用さや、技能、正確さが揃ってないと作れないんだろうなと見惚れてしまいました。
 
TOPへ戻る