本文へ移動

インテリアNAO 代表  工藤 直樹

 
 
職人歴:
18年(独立して15年)
 
職人になったきっかけ:
高校生の時にクロス屋のアルバイトをしていた。
その後、他の仕事をしていたが、クロス職人だった友人に声をかけてもらい、そこで働いているうちに、自分で独立したいと思うようになった。
 
 
 
仕事をしているうえでのこだわり:
下地処理とジョイント(継ぎ目)部分は、いつも以上に神経を使います。
下地処理がしっかりできていないと、そのあとどんなに綺麗にクロスを貼っても
壁にわずかな凹凸ができたり、仕上がりに大きな差が出る。
継ぎ目もずれていると壁一面の統一感が出なくなるし、補修もしづらくなるので
そこは特に気をつけています。
 
趣味:
温泉旅行。
休みが取れた時に、思い立って温泉に行くことが多いです。
秋田の玉川温泉は、雰囲気も泉質もよくて、好きな温泉です。
 
職人になって嬉しかったこと:
やっぱりお客さんに喜んでもらえることが一番嬉しい。
部屋の中で大きな面積を占めるので、クロスが綺麗に貼られた部屋を見て
「部屋が明るくなった」とか「綺麗な部屋になった」と言ってもらえるときは
この仕事をやってて良かったなと思います。
 
 
アルファホームから一言:
人懐っこい笑顔で周りを和ませる癒し系で、みんなの笑い声も絶えません。
取材させてもらった時も「普段、こんなこと話したことない」と言いながら、
楽しくお話してくれました。
 
いつも笑顔のナオさんですが、クロス貼りの腕の良さは抜群です。
その腕の良さに惚れ込んで、アルファの仕事をしてもらうようになりました。
家づくりのプロも認めるプロの技です!
TOPへ戻る